更新情報
 或る日のインド洋  立会川二郎 ガチャリとバルブが結合された静かなインド洋上 アケイ少年はこの日が待ち遠しかった今日は大好きなイスマエル兄さんの結婚式モスクのモザイク模様のタイルに陽が映えるアケイ少年はこの日の為に参拝者の荷を運びチップを貯めて街に出て花火を買っていたイスマエル兄さんと花嫁のアニラさんがモスクから出てきた響き渡る列席者の歌声アケイ少年は花火に火を付けたバーンと音がして花火が飛び散った アケイ少年は空が曇ったと思った少年がみた最後の空だった大きな鳥の影が空を覆ったその瞬間鳥の翼から閃光が放たれたモスクのモザイクの壁が崩れ落ちた鳥は去り瓦礫の山が残った ガチャリとバルブが結合された静かなインド洋上 日本国海上自衛隊給油艦からアメリカ合衆国海軍補給艦への洋上給油活動が始まった静かなインド洋上 アメリカ合衆国海軍原子力空母に艦上爆撃機が戻ってきた 或る日のインド洋静かな静かなインド洋上  ●選評おおむらたかじ 静けさの中で、ガチャリと音、一連で決まりですね。その時、イスラム圏のどこかで、少年が心待ちにしていたモスクでの兄の結婚式。少年はこの日のためにチップを貯めて花火...
●永山絹枝受賞著作抄    目次 Ⅰ 魂の教育者詩人近藤益雄「戦前」一、長崎綴方教育の創始者二、益雄と第一童謡集『狐の提灯』(上志佐小時代)三、第二童謡集『五島列島』(小値賀小時代)四、文詩集「勉強兵隊」と童詩教育五、リアリズムとヒューマニズムの道へ――児童生活詩として長い詩を――(田平尋常高等小時代)六、地域の文化を高めるために〝貧困との闘い〟――児童生活研究所の創設――(田助尋常高等小時代)七、決戦体制下の混迷と葛藤の中で――「人間・益雄」を支えた短歌会(平戸高等女学校時代)――八、短歌集『火を継ぐ』――どうしたって黙っていられるものか 愛するものを死なしてしまって―― Ⅱ 魂の教育者詩人近藤益雄「戦後」九、民主国家・民主教育建設への道①――綴方復興・胸のおどること!――十、民主国家・民主教育建設への道②〝益雄が夢みたものは〟貧しさからの解放、ゆたかさの建設――学校を村の文化の源に 田助中教頭・田平小校長時代――十一、知的障がい児教育の歩み①「みどり組の誕生」――これがほんとうの私のイス あたたかな日のこどもがもたれてきたり――十二、知的障がい児教育の歩み②「書くことの指導」――言葉の感覚を磨くことは生活感情を美し...
●白根厚子受賞詩集抄 母のすりばち 母は よく話をした東京の空襲がはげしくなって父の田舎である秋田へ疎開そんな中でも母は いろいろと語ってくれたすりばちもその一つだ 秋田へ疎開して何年過ぎただろう東京へ帰るめどもたたず父は鉱山の職場へ仕事に就いた母はあきらめがつかないのか よく溜息をついていたある日 父が花輪町へ行こうと わたしと母を連れて行ったずらりと上から 下まで商店街だった戦争が終わってから 三~四年だったろうかこの街は むかしのにぎわいを取り戻そうとしていたにちがいない母の嬉しそうな顔をしばらくぶりで見た荒物屋ですりばちをかったのだ母の料理は なにかとすりばちをつかうすりばちでごまをする 味噌をする……――このすりばちはじめて 父ちゃんに買ってもらったんだと嬉しそうな顔がわすれられないすりばちも 二十年 三十年使うと 目がすりへって使えない 疎開してから 二十五年目東京へ戻ったすりへったすりばちも荷物の中にあった あの すりばちを買った商店街は 鉱山が閉山になってからシャター街になったもう 思い出のひとこまになってしまったすりばち型の 盆地の町だ     戦...
ヒコクミン   ひだかよし 会うたびにしなやかに成長している孫たちの姿それに元気をもらいながら心の自由がなかった時代のわたしの年齢に重なるヒコクミンことばの意味は分らず良くないときにつかうことばと思っていた ケンペイさんが突然家に来て父の本箱や母のタンスをひっくり返して帰っていった神棚もなく敵国の神を信じるヒコクミン赤ちゃんのおむつの干し方が暗号を送るスパイ容疑にされたわたしはヒコクミンの子になった 学校で歌うのは軍歌ばかり軍歌を知らない私に先生はやさしく ともに歌ってくれた ある日 好きな歌はと問われチューリップの歌をハミングしたら日本人なら菊の花を歌えと叱られた 毎月八日は戦争の勝利を願うため全校で町の氏神さまに参拝ヒコクミンの子が鳥居をくぐるとケガレルからと そう先生に言われ列の最後尾 ひとりで鳥居の外を歩いた ケガレルとは何ですかそう問いても 答はなかったひとりぼっちは淋しかった 戦争が終わり心の自由よ 永遠に続け不戦を誓った父の想いその想いとともに生きてきたわたし孫たちに このばあばあの声はどこまで届いているのだろうか ●選評 都月次郎 戦後生まれの人たちにとっては、信じ...
新人賞詩部門  一人一篇。四百字詰原稿用紙三枚以内。テーマ自由。評論部門 一人一篇。四百字詰原稿用紙三〇枚以内。テーマ=詩に関するもの(詩論・詩人論・詩史論など。なお、参考引用文献などを別紙に明記のこと)。応募資格 特になし。応募作品は商業紙誌・詩集等に未発表のもの。ただしサークル・グループ・同人誌上に発表の作品はこの限りではない。この場合は、発表詩誌名・年月を明記のこと。略歴 氏名(本名)、年齢、職業、郵便番号、住所、電話番号、所属文学団体などを原稿末尾にそえること。締切 二〇二一年一月一〇日(当日消印有効)送り先 〒170-0004 東京都豊島区北大塚二-一八-三-二〇二    詩人会議新人賞係  
●自由のひろば 作品 聖火  田村きみたか 聖火は福島で止まった聖火は東京へ行くことはできなかった 巨大な怒りの意思を感じないか人間どもに対する巨大な意思が感じられないかこんな汚れたオリンピックは要らない多くの人を不幸に突き落とすだけのグローバル経済とやらもご免だ何か巨大な怒りの意思を感じないかその正体が何であるのかは永遠に分かりようがないが 何かとてつもない怒りの意思を感じるのだ 「復興五輪」開催のために遙かギリシアからやってきた聖火が福島で止まってしまったそして東京へ入ることはできなかった東京に電力を供給するために福島の原発でとてつもなくひどい事故が起きた東京に電力を供給するために福島で大惨事が起こって そのために故郷を失った人たちが大勢いるそのことに目を瞑って見ないふりしてもう福島は大丈夫なのだと東京オリンピックは言うさすがに何かの巨大な怒りがその汚れた口を塞いだ 聖火は怒りの炎である遙かな時空を超えて福島にやってきた聖火は怒りの炎であり人類への警告である変わり果てた原子力の火が引き起こしてしまったその現場にやってきた聖火は号泣したただ ただ そこに泣き崩れるしかなかったのだ ...
あおぞらの詩   小篠真琴 あおいろのそらの向こう側太陽がうつむき加減を失くしていくとききみは、あおいそらの切れ端をくちびるで押さえて歯茎からまっ赤な血を流す すると、抑えていた感情が分離したヨーグルトの上澄みみたいにすこしすきとおって流れ出すからその流れた部分を、ぼくはきみと十分に味わえるようにとカスタードクリームに混ぜ合わせていく地球儀のコマはくるくる回ってあしたからの風を、東方へ送り出した 夕闇は、もうすぐそこだよ あおいろのそらはもう用がないと言われた気分になりすこし哀しくなったのだから自信を取り戻した太陽とくるくる回った地球儀のそばでできるかぎりの愛妻家ぶりをはっきする それが、じぶんと地球とのこれから長いお付き合いの始まりだとあおいそらだけは知っていて無防備な地球はアリの行列を見守るくらいしかできない気になってやっぱり、太陽は東側に沈むんだなと迎え入れられた夕闇に問いかけていた 本能は、こっそりと臍を嚙む  ●選評 選評=草野信子 その色、その美しさを、どのような言葉で伝えたらいいのだろう。そんな夕焼けに出会う日があります。小篠さんは、喩によって、刻々と変わる空の色...
      すずめ すずめは米や麦をことわりもなしにくってしまう けれど百姓たちは、まとめて殺すことはしなかった じぶんの分身を畑やたんぼのなかに立てて どこかにいけ、と指さすのだった     牛 牛は車をひっぱってまた土を運びにきた 牛はとしをとっていたのでいつもゆっくりとあるいていた 牛は男が売る土がすくなくなっていくのをよだれをたらしてみてい た 牛は休みをながくながくつづけたいようだった 牛は小便をし大きなくそをしてから重い荷物をひっぱった 牛は坂道にくると木の枝の鞭で尻をたたかれた 牛は車につまれた壁土でじぶんを塗りこむようにあるいた 牛は足跡を深くのこしていったので畦道がこわれた 牛はまもなく安く売られてしまった 牛は屠殺されたんぼも売られてしまった 牛は百姓といっしょに消えてしまった     竹林 一年まえまで 竹林のあったところで 風は 夜 蛇のかたちで吹く ムジナのかたちで吹く 鳥のかたちで吹く すると つまっている家々のなかから 人のみている夢の蝙蝠が とびたつ                        ほたる ほたるはもう死に絶えてしまったから ...
  死と詩が 同じ音(おん)なので いつも頭のなかにある それは闇で 奥行きがみえない   テレビや新聞が毎日 従えという声で新型コロナウイルスの暗闇を解説している  どこから来て  どこへ行くのか ゴーギャンの絵を思い出すが 場違いかもしれない けれど深みはいつわかるのだろう   人と離れていなさい そういわれると心はもっと近づきたくなる 言葉がなにか腐っているとも思う それは日頃探さなければいけないのにできていない なにかだ   窓ガラスを透かして庭をみると 去年アメリカしろひとりに食われてしまった桜の葉が茂っている 腐っている言葉は腐っている人からでるのではないか 詩が死のそばにいるのであればぼくは言葉の錐を持っているのだ   今年の八月はもう来ない (「民主文学」20年8月号)
一人の力でも 世界を動かせる そう思うことが すこしなにかを動かすことになる そう思う そう思わないかい? と、自己の生をみつめ、戦後一貫して時代と対峙した著者の40年間の集大成。生きもの、旅、家族、友、死、愛、戦争ほか、やさしく語りかける言葉が心に深く届く。 A5判並製 368ページ 価格2.000円 〒340円 雑草(あらくさ)出版〒940-2127 新潟県長岡市新産4丁目4-7Tel 0258-46-9393
●自由のひろばトップ 一羽の鳥  青木まや 林檎やイチゴを食べにくるヒヨドリは農家にとっては困った鳥だが美食家らしいそれよりも何よりもいつも二羽で動き回り仲良き鳥と見ていたのだが… ベランダに出した万両を狙いに来た一冬中目を楽しませてくれた赤い実を慌てて取り込んだのだが「ビューョ オーイ赤い実を出せ ビューョ ビューョ」大きな声で鳴きミラーガラスには体当たりをする執念深い図太いやつだこういうのは人間にもいるよなーと軟な考えを巡らしている間にも何度も何度も繰り返す家の中では其のあり様に脅え吠えながらもしがみ付いてくる仔 手すりとミラーガラスには紙を貼り風にまかせた事はこれで終わったかと思ったのだが恐れることなく来ては鳴く翌日も朝から「ビューョ」しつこいやつだ 万両の実はそんなに美味しいのか?ミラーガラスに映っているのはおまえの姿だよ独りぼっちは寂しいか椿も梅も咲いた 嬉しい恋の季節はもうすぐだそれまでの辛抱だよほら春本番はすぐそこまで来ているのだから   ●選評 選評=都月次郎 昔窓ガラスに野鳥がぶつかって庭に落ちたことがある。そのときはガラスにくっきりと青空が映っていたので...
●目次 特集 病い草倉哲夫 山椒魚 4  小田切敬子 つゆごもりに はなしこむ 5  いいむらすず 真夜中の手 6  坂田トヨ子 噛みしめる 7  伊藤眞司 PTSD 8  いわじろう 共存 9  加藤幹二朗 正直な痛み 10  宮本勝夫 終活の生業 11  佐藤誠二 呪文 12  上野崇之 西へ向かう車の中で 13  佐伯徹夫 消毒魔 14  彼末れい子 かかったのかも? 15  たなかすみえ 胃袋をつかむのは 16  滝本正雄 戦前回帰症候群 17  白永一平 貧乏ないのち 18  榊次郎 道頓堀の灯りが消える頃 19  浜本はつえ 病室を見舞う 20  石関みち子 優しい言葉を 21  織田英華 戻って来なかったとき 22  田島廣子 コロナと戦う 23  あさぎとち 静かな歩幅 30  中川桧 銀の窓 31  松田研之 それは 32  水衣糸 五郎叔父さん 33  神流里子 ここまでおいで 34  赤木比佐江 朝から夕まで 35  小田凉子 びんずるさん 36  菅原健三郎 母の神様 37鈴木太郎 俺の意地 38  白根厚子 歩を進める 39  妹背たかし 雲雀が鳴いた日 40  あべふみこ 父のこと 41  春山房子 半盲 42...
●自由のひろば 乳房の重さ   御供文範 その夜ぼくは母と風呂に入った裸電球一個の薄暗い風呂場の湯船から雪舞いのように湯けむりがゆらめき時折 冷たい隙間風が頬をよぎる 母とぼくは狭い湯船で顔を向き合いからだを沈めていたするとぼくの目の前に大きな白いおっぱいが浮かび揺れている驚きとうれしさのあまり二つのゴムまりのようなおっぱいを持ちあげたり揺すったりした母はくすぐったいとからだをよじるぼくはますますはしゃぐ 今思えば 母は日々の張りつめていた緊張から解放されつかの間の生の喜びに浸っていたのかもしれない 夫を喪い 三人の幼子を背負い母子家庭の行く末への不安風呂に浸かるというのは癒しではなくひとときのまやかしだと母は知っていた 湯船からあがれば雪のように白いふわふわおっぱいは引力に逆らえずもとの乳房となりこれから苦難な道のりが待っていることを母は知っていた その日の昼 騒々しかったのは父の告別式が営まれていたからだったぼくが二歳の時で ずうーっとのちに知った   ●選評 選評=佐々木洋一 モチーフとしてはよくある題材だと思います。おっぱいに対する想いは、取り分け男の子には忘れることが出...
●現代詩時評 いのちを享けた意味柴田三吉  二〇一六年に起きた「津久井やまゆり園殺傷事件」の一審判決(三月十六日)で、植松被告に死刑が言い渡された。被告は控訴せず刑が確定した。 事件を起こした動機が、「障害者は生きている価値がない」という歪んだ考えであったため、社会もこの判決を当然のこととして受け止めた。 たしかに許し難い犯罪ではあるが、私は、この判決に同意しない。被害者と家族の苦しみは想像を絶するほど大きく、その傷に他者が触れられないことを承知の上で言うのだが、私は死刑制度そのものに反対だからだ。 罪の償いを刑の執行で終わらすべきではない、というのがその理由である。罪を犯した者には、自らの行いと最後まで向き合っていく責務がある。社会の側も彼らを内に抱え込み、出来事の意味を考え続けていく必要があるだろう。死による清算はそうした営みを放棄し、何かが終わったという錯覚を人々に与えかねない。人と社会の闇は闇のまま残されてしまうのだ。 また国家による殺人を、私はどんな場合も容認しない。それは「目には目を」といった報復手段であり(戦争もその一つだ)、人間の理性を衰弱させる制度だからである。死刑...
特集 短詩――96人集 秋村宏 いま 葵生川玲 麻痺 青井耿子 暖冬異変 青木まや 心得 池島洋 三姉妹 いいむらすず 見えないものに 池澤眞一 座視 安曇野彩 歩く 石関みち子 コロナの春は 石渡貴久 横浜大空襲防空壕避難体験 伊勢薫 思うと言う事 伊藤公久 長生きをして 伊藤眞司 ふるさと 妹背たかし 秋 いわじろう 何かに 植田文隆 有明海 梅津弘子 アベマスク 上野崇之 坪庭の風物詩 遠藤智与子 せかいの はじまり 大釜正明 彫貌 大塚史朗 どこかに春が 大西はな そこへ おおむらたかじ 付け木 岡田忠昭 見えないけれど 奥田史郎 普通と不通 小田凉子 母のミシン 小田切敬子 コロナ ラプソディ 加藤三朗 上野駅 加藤徹 マスク 上手宰 マスクごしの春 神流里子 祖母の神さま 上條和子 買い物 川花まほ いかの目も 上山雪香 故郷 きみあきら 武器 草倉哲夫 呼ぶ 黒鉄太郎 命よりおふざけか? 小泉克弥 戦略家 こまつかん 随意 小森香子 心の眼をひらいて 呉屋比呂志 薄紅のナスタチウム 西明寺多賀子 日本茶 汐見由比 折り鶴 斎藤彰吾 宇宙からの声 志田昌教 ある光景 玄...
☆第48回壺井繁治賞は清野裕子詩集『賑やかな家』に決まりました。日常の出来事を描いて、個と個のつながりである現在の家族における生と死を身近に感じさせる独自な詩集です。さらに大きな発展を願っています。
特集 戦争体験なし あり 柴田三吉 あなたもひとりの芝憲子 最後の手紙妹背たかし 私の戦争杉本一男 柳行李田畑悦子 戦争遺児山﨑清子 忘れない光谷公男 不帰の家上野崇之 「石を持て追わるる」ことなく大塚史朗 戦中体験田辺修 一房のバナナ石関みち子 1学期に3度変わった学校床嶋まちこ 追体験浅尾忠男 詩二題河合恒生 壺いだ・むつつぎ 子豚のぶう太北村真 タペタムみもとけいこ 「自衛隊員」募集してます林ひろ 島で生きるいいむらすず 言わぬ言葉桜井くに子 雑穀御飯奈木丈 写真の居場所勝嶋啓太 父も母も子供の頃の話をしたがらないきみあきら 国賊呼ばわり池澤眞一 父の話阪南太郎 友よ山越敏生 読み伝える本読みたなかすみえ 守りたいのは斗沢テルオ 同時代の二人坂杜宇 知りませんが滝本正雄 不当に逮捕された母田上悦子 戦争終結春山房子 秋彼岸小森香子 2020年 早春清水マサ 城下町 新発田にて草倉哲夫 ロマ佐相憲一 ある年代記志田昌教 若人へ芝原靖 これからの戦争を知らない子どもたちへ呉屋比呂志 砂に埋もれて安仁屋眞昭 戦後終わらぬ 沖縄 どうして くれる! エッセイ 戦争体験のはざまで ...
今年の「夏の詩の学校」は7月19日から21日まで、淡路島で開催されます。アーサー・ビナードさんの講演や多彩な詩の講座が予定されています。どうぞご参加下さい。
特集 忘れない 玉川侑香 震災から二十五年・小景 佐々木洋一 わたなべたろう 魚津かずこ もどかしい 岡田忠昭 声の礎石 妹背たかし 石を拾う 狭間孝 オレンジ色の十五夜 松田研之 おい、おるか 梅津弘子 「槍」から 後藤光治 歳月 大釜正明 この坂を 上っている 田辺修 うつろう花 武田いずみ 家路 佐藤誠二 マタニティにはモーツアルト 斎藤彰吾 ラグビー、世界へ 府川きよし 身について 永井秀次郎 印象場所 永山絹枝 冬の菜の花 かわかみよしこ ミサオさんの最期 おおむらたかじ 国防色の半ズボン いだ・むつつぎ 子どもたちは渡り鳥のように 松村惠子 待たせる 伊勢薫 私の好きな人たち 上手宰 自分に気付かれる日 前田新 忘れない 菅原健三郎 母の独り言 田島廣子 私が子どものころ 丸山乃里子 その日の午前 山野次朗 山桜 宇宿一成 揺れる鏡 横田重明 夢のはなし 伊藤眞司 虫 山田よう 未来のために忘れない 大嶋和子 その人 いわじろう 忘れないでね と 遠藤智与子 対岸より 大道和夫 扉の裏側 青井耿子 眠る前に 白根厚子 忘れていない 臭い 髙嶋英夫 いつまでも 大西は...
●詩作品 本棚  渋谷卓男 どれほど揺れただろう家族の去ったあの家は気にかけながら夏が過ぎ、秋を過ごし暮れになってようやく訪れる ガラスが割れてないかタンスが倒れてないか けれどほこりが一面、霜のように降りているばかりでどの部屋も冬の日ざしに静まりかえっている  わたしが残した本も 残したまま棚にあった 一冊も落ちず 月日の分だけ色褪せて わたしはそして、ひそかに思い描く死んだはずの母が息子の本をひろい上げひとり棚に戻しているところを いつだってそうだった窓を開ける音がして畳を掃く音がしてうとうとしてる間に全部済んでいて終わったよ 明るい顔がのぞくのだ――今日はご本読もうか こどもの目の前に生まれて初めての本が広がるものがたりの海ことばの風わたしの本棚の最初の一冊 特集 本を読もう青木はるみ 古い古い本 4  渋谷卓男 本棚 5  佐伯徹夫 本を求めて 6  御供文範 朝日のあたる本棚 7  宮武よし子 心の糸ふるわせて 8  斗沢テルオ 母の謎の格言「本を跨ぐな」 9  志田昌教 心の引き出し 10  清水マサ 落下 11  こまつかん 書物を読む 12  加藤徹 言葉よ 語れ 13  秋山...
●詩作品 そのおとこみもとけいこ みかん山は草一本生えていないみんな薬で枯らしてしまうからだみかん山のそばでつくしを採っていたらおとこが近づいてきて やまに入るなと 怒るのかと思ったらみかん山のつくしは農薬すってるからとるなと そのおとこはいった四十年前の声が 耳のおくにはえている 草は除草剤で枯らし 化学肥料をやり農薬をかけて病気を予防しなければ出荷はできないおかげで木の細い根は枯れてしまいいまやみかんの根はこんなだ と拳骨をぐっと握り振りあげた 突き出した腕のさきの力瘤のような拳骨の毛細血管も 農薬すってかじかんでいたのに相違ない 二〇一八年夏の西日本豪雨災害で愛媛県南予地域の多くのみかん山が崩れおちた それ以前にもみかん山はたびたび崩れた海の近くの急傾斜地にある 農薬で雑草もはえない拳骨のような根をしたみかんの木が真砂土の傾斜を支えられるわけがない 生計をささえた傾斜地は支えきれずあの日背後から家々をのんだ土砂は耳の奥まで流れ込んできたかそのおとこは 土石流にのみこまれただろうか風がふくとおとこのこえが耳のなかでぼうぼうと吠える ●編集手帳 ☆特集は「海外詩」です。水崎野里...
●編集手帳 ☆新しい年は、詩人会議の存在が問われる一年になる、といえます。憲法改悪、言論、表現の自由を抑圧しようとする流れを拒否していきます。☆「新春作品特集」にご寄稿いただきました会外のみなさまにお礼申し上げます。☆上手宰、柴田三吉さんの対談「時代と詩」は、昨年の平和集会(8月)でなされた記録です。お二人の、いまの社会のなかでの詩作態度、方法についての率直で熱い発言に、強い刺激を受けます。☆「詩人会議グループの抱負」は、代表者のみなさんにグループの現状や抱負を述べていただきました。全国各地のグループのエネルギーは、詩運動の中心です。その地道な活動は、さまざまな困難をかかえていますが、詩の力を発揮しようという意志は堅いものです。それらを確認しあうことで、さらに持続と詩作を。☆今年の表紙写真(韓国の写真作家・鄭周河氏)の題材(表紙写真あれこれ・柳裕子さん)は、詩を書く人の若々しい精神のシンボルとしての世界の子ども、若者たちです。(秋村宏)
新春作品特集  谷川俊太郎 詩の話 草野信子 苦い木の実 齋藤貢 燃える火 勝嶋啓太 合意なき決定 上手宰 紙の大地 彼末れい子 むべなるかな 若松丈太郎 ひと由来の 渋谷卓男 資質 青木はるみ 書初め 高田真 さなぎ 浅尾忠男 天皇ファースト 奥田史郎 馬 佐々木洋一 つぶやき 山内宥厳 嵐 北村真 父の帰還 佐藤文夫 いま 地球は怒っている 大塚史朗 そして正月 呉屋比呂志 山里の新春 熊井三郎 干渉 柳瀬和美 帰省 玉川侑香 おれの 足の 形 石川逸子 耳をすませば 中上哲夫 川の色 都月次郎 海水が熱い 甲田四郎 仕事の夢 狭間孝 通勤 安水稔和 花巻はなまき二篇 丸山乃里子 かりがね 荒川洋治 作られた人 風野真季 まどろみ 山口賢 火鉢 松田研之 独白「去年今年」の巻 遠藤智与子 決意 杉本一男 もやす 斗沢テルオ お正月様ご来訪 後藤光治 そして「令和」 芝憲子 時の奥から 清水マサ 君への愛をこめて 中原道夫 郊外電車の中で くにさだきみ 平和ではなく「令和」だ。 佐相憲一 冬 照井良平 年っことるって 嶋岡晨 点検 葵生川玲 消去
●詩作品 海水が熱い  都月次郎 海水が熱い切符を知らない子供が電車に乗っている夜太平洋でサンマが煮えている一〇〇年に一度の豪雨が毎週やって来る段ボールの中で子猫が四匹団子になっている 海水が熱い知事と大臣が料亭で酒宴堤防が黙って崩れている避難所の外でホームレスが震えている 海水が熱い地震 カミナリ 竜巻 失業洪水 土砂崩れ 堤防決壊 消費税泥流 水没 地滑り 汚染土 オーイ ねえちゃんあついよー裸のトランプが世界を搔き回す 海水が熱い電柱が折れる鉄塔が折れる道路が折れる鉄橋も折れる暮らしが折れる気持ちが折れる希望が折れる 海水が熱い文学的な気象庁いのちを守って大切な人を守って 救助してくれませんか? 自分のいのちは自分で守りましょう 海水があああああああああああああっち~い!   ●編集手帳 ☆新しい年は、詩人会議の存在が問われる一年になる、といえます。憲法改悪、言論、表現の自由を抑圧しようとする流れを拒否していきます。☆「新春作品特集」にご寄稿いただきました会外のみなさまにお礼申し上げます。☆上手宰、柴田三吉さんの対談「時代と詩」は、昨年の平和集会(8月)でなされた記録...
●詩作品 海水が熱い  都月次郎 海水が熱い切符を知らない子供が電車に乗っている夜太平洋でサンマが煮えている一〇〇年に一度の豪雨が毎週やって来る段ボールの中で子猫が四匹団子になっている 海水が熱い知事と大臣が料亭で酒宴堤防が黙って崩れている避難所の外でホームレスが震えている 海水が熱い地震 カミナリ 竜巻 失業洪水 土砂崩れ 堤防決壊 消費税泥流 水没 地滑り 汚染土 オーイ ねえちゃんあついよー裸のトランプが世界を搔き回す 海水が熱い電柱が折れる鉄塔が折れる道路が折れる鉄橋も折れる暮らしが折れる気持ちが折れる希望が折れる 海水が熱い文学的な気象庁いのちを守って大切な人を守って 救助してくれませんか? 自分のいのちは自分で守りましょう 海水があああああああああああああっち~い!   ●編集手帳 ☆新しい年は、詩人会議の存在が問われる一年になる、といえます。憲法改悪、言論、表現の自由を抑圧しようとする流れを拒否していきます。☆「新春作品特集」にご寄稿いただきました会外のみなさまにお礼申し上げます。☆上手宰、柴田三吉さんの対談「時代と詩」は、昨年の平和集会(8月)でなされた記録...
二つの部門で新人賞の募集をしています。 詩部門は400字詰原稿用紙3枚以内でテーマは自由です。 評論部門は400字詰原稿用紙30枚以内。テーマは詩に関するものです。 応募作品は商業紙誌・詩集等に未発表のものに限ります。ただしサークル・グループ・同人誌上に発表の作品はこの限りではありません。 各部門入選者1名に賞金5万円が贈呈されます。 締切は2020年1月10日です。 お問い合わせは E-mail sijin-kaigi@tokyo.email.ne.jp までどうぞ。
●詩作品 チョーセンコ  青井耿子 このごろよく戦争中の夢を見る昨夜は空襲にあった夢今朝は朝鮮民族侮辱の夢 私は入学前の年ジフテリアにかかり右半身不随となった国民学校令は私の就学免除をしてくれるはずもなく一年生のときは母の背に負われて通い二年生になって、やっと誰かに手をひかれると歩いて行けるようになった兄と手をつないでいると「オトコとオンナ チョーセンコ」そう言って通学中をはやされたはやす方も、はやされる方も重大な民族差別であることをわからずに それほど当時、日本は朝鮮半島全体を植民地支配していた支配下の民族は、いつも侮辱されはずかしめられていたのだ最近、日本人クリスチャンの手記を読んだ戦争体験の手記だった所属する小さな隊が中国の前線にいたとき集落を急襲して慰安婦狩りをやったのだいったん軍隊に入れられれば上官の命令をきかねばならず悲しい手記だった でも日本には過ちては改むるにはばかることなかれという言葉がある私たち日本人は謝ろう 心から 何度でも朝鮮半島を植民地にしていたときのことを他の国々を侵略したことを  ●編集手帳 ☆今年は二つの大きな災害がありました。一つは自然災害で...
Facebookのページはこちらにあります。https://www.facebook.com/shijinkaigi/
半世紀以上にわたって活動してきた「詩人会議」の発足当時の様子がわかるようにと、創刊号から順次、目次と編集ノートをアップしています。当時の意気込みが伝わる貴重な資料だと勝手に自負しています。作業はなかなか進みませんが、気長におつきあいください。
□編集ノート□ 創刊号を出したのはついこの間のような気がするのに、はや第六号目を重ねることになった。この間に一般の読者や批評家から、いろいろな感想を寄せられたり、批評をうけた。それらが正当な批評であるならば、どんなに手きびしいものであろうと、今後のわれわれの文学的実践のなかで生かしてゆこうと考えている。ところが、なかにはまったくお話にならぬ悪意あるいは敵意にみちた、批評とはいえぬ中傷と非難も見られるので、それがたとえ匿名であろうとも、なんらかのかたちで撃破していかねばならぬと考えている。□最近「詩人会議」グループの会員になりたいという申込が急速にふえ、直接読者もほぼ全国的にひろがってきた。このことはわれわれの詩の運動がしだいに広くふかく浸透しつつあることの証明として、大いに心強く思っている。この要望をわれわれはどこまでも大切にして、これからの仕事をつづけてゆきたい。(壺井繁治) □一〜五号の本文レイアウトは好評であったが、本号はどうであろうか。ごらんのようにエッセイを巻頭においたのをはじめとして、いわゆるオーソドックスな組かたをしてみた。これまでとの比較で.ご意見をいただければ幸いであ...
○編集ノート 第五号はメーデーにちなんで「メーデー詩」の特集をおこない、それに関連するエッセイとして、浅尾忠男に書いてもらった。最近は「メーデー詩」の特集をやる詩の雑誌など、あまり、見られず、そういう企画を「野暮臭い」ものとして嫌悪するムードさえあるように思われるが、わが「詩人会議」では、あえてこの「野暮臭い」企画をやってみた。メーデーはこの日、全国の労働者、働く農民その他が勢揃いして、自分たちの力を、それを抑圧する者にむかって示威し団結を固め、相互の連帯感をふかめる日であるが、抑圧された人民のたたかいはこの一日だけでおわるものでなく、ふだんのたたかいがここに結集される日だ。そのメーデーを、今度特集した諸作品がどのようにとらえているか。それは読者の忌憚のない批判にまかせる。今号もまた増頁、増刷で、創刊号に比べると、ありきたりの言葉だが「飛躍的発展」である。だいぶん先きのことだが、秋ごろまでには一〇〇 頁内外の雑誌にしたい。それになによりも、雑誌の内容をさらに改善するとともに、読者諸君の支持が基本的な力となるであろう。いっそうの支持をお願いする。(壺井繁治) ○6号から浅尾忠男が復帰で...
□編集ノート 前号のノートで「三号雑誌」云々と書いたが、この雑誌も「三号雑誌」におわらず、幸いに第四号を発行できることとなった。この雑誌の発刊は、ある種の人たちには余程のショックを与えたらしく、また余程の不快感をよびおこしたと見え、やれハバツ的だの、なんだのと、論証もあげずに吠えたてている有様は、そのまま彼等の内部に潜んでいるハバツ意識のあらわれといってよかろう。そういうヒステリックな遠吠えをよそに、読者諸君の支持をバックとして、雑誌の売行も好評で、第二号も売切れとなり、本号からは、さらに頁もふえ、刷部数もふやさねばならなくなった。第三号から設けた「自由席」の欄は、問題をはらむ読者の作品が今後読者諸君から寄せられるのに、もっともっと頁をふやしてゆきたいと考えている。ここからどんなにキラキラと輝く鉱石が掘り出されるかを、今後わたしたちはたのしみにしている。(壺井繁治) □お詫びしなければならないが、本号から編集業務を担当するはずだった浅尾忠男は急な手術のあとなので、私がもう三冊担当する。おおきな期待がかかっていたと思うので残念だけれども、おゆるしねがいたい。かれが復帰できるとき、途中で...
■編集ノート 昔、「三号雑誌」という言葉があって、三号まではどうやら出るが、あとがつづかないと、よくいわれたものだ。この雑誌もやっと三号まで辿りついたが、困難はこれからだと思っている。だが、幸いに創刊号は読者諸君の支持をうけて、売切れとなった。前の編集ノートでも書いたように、この雑誌の出発は同人雑誌であるが、ひろく全国的に読者グループをつくり、その基礎に支えられて読者層を拡大し、そのなかから詩の新らしい鉱脈を探りあて、日本の現実と詩の変革の工ネルギーを、汲みあげたいと考えている。だから「詩人会議」の地方グループず<りに積極的に参加してもらいたい。そのくわしい方式・規約は目下製作中だ。今月号もまた八頁増加し、定価も若干値上せざるを得なかったが、御諒承願いたい。今月から、「自由席」という見聞きの欄をつくった。一般読者のなかから「われと思わん」者は作品を寄せて貰いたい。ただしあまり長いのは困る。(壺井繁治) ■去年のうちに二月号まで出したのだけれども、一九六三年という実感は、やっばり実際に年をこしてしばらくしてからしみじみとやってきた。年末はちっとも年末という気がしなかったのに、新年は身に...
●編集手帳 ☆今月の特集は「ありがとう」です。 〝「ありがとう」の言葉は、人(他者)を大きく包みこむことができます〟というおもいに同感する人が多いのではないでしょうか。けれど実際はどうか、と考える人もいるでしょう。伝えられたら、受け取れたら、と、心の底にあった大切なものを記している作品が多いことに気づきます。それは他者の信頼をえたよろこびのようです。たしかに私たちは〝ありがとう〟と声をだす(心のなかでも)ことによって、その本当の意味を確認しているのです。☆上手宰さんの「連れ合いへの愛を書く勇気」は、’19年夏の詩の学校でのおはなしです。〝愛を離れて詩は存在しうるのか〟の問いには、じっくり応えたい魅力があります。☆9月9日、千葉県を直撃した最強級台風の甚大な被害に対して、政府の被災者支援13億円。イージス・アショア(陸上配備型迎撃ミサイルシステム)には6000億もつぎ込むのに! 国民の生活=命を軽んじる思想との闘いです。(秋村宏)
●優秀作品 この世のものではない  今井くるみ 福島からきたことをかくして生きよう何回も死のうと思った 放射線のばいきんって呼ばれた賠償金もってるんだろうって毎週お金をとられた これは暴力にたえた子どもの話罪とがのない子どもたちに降る差別の嵐同じことがあった広島でも長崎でも被爆をかくして生き影響があるからと結婚を止められひっそりと亡くなっていった人たち黒い雨のあと無知な差別の嵐が吹きあれるヒバクシャは国際語になり地球ぐるみで核兵器をなくそうと国ぐにが知恵をだしあう時代流れにさからい被爆国の役目をうち捨ててわたしの国はわたしの身代わりになった人びとを見ごろし丸ごとあの世にゆこうとしているのか暗黒の世に逆もどりをして泣き暮らすのはどこの誰 いじめにさらされた少年はしめくくる震災でいっぱい死んだからつらくても生きるときめたそれはあの夏熱線で灰と煙にかわった人何十万人ものいのちもの言わぬたましいが彼の口をかりて 今にあらわれたのではないかわたしも気持ちをつよくもとう生活苦の嵐などふんばってみせると
●優秀作品 うちのおばあちゃん  村田多恵子 気を使ってばかりいて本音を言わずだけど言い出したら聞かないやっかいなひと 毎日死にたいと言いながら病院が好きで薬を欠かさず飲んでいるおかしなひと 待ち合わせの場所を間違えて迷子になって私が探し回ることになる世話の焼けるひと 風邪で寝込んだ私のそばでひっきりなしに話しかけ眠らせてくれない困ったひと 車を押して買い物にお惣菜を買ってきては家族に無理やり食べさせる強引なひと ほんとにもう・・・ それでも私の少しの微笑みに満開の笑顔で答えるかわいいひと どれもが私のしゅうとめうちのおばあちゃん
●優秀作品 庭への路  Carol Kei 最初は小さな願いだった普通に外に出られたらとドアの向こうの自由に視線を集中し悪魔の襲撃の終わりの庭の香りは天国だった 次は電車に乗ってみたいと野心を燃やして窓から見た走る景色は人生が始まったかのようだった もうもっともっとは止まらない次の目標は仕事を得ることその次はこれだけ稼ぐことその次はその次はと気づけば今度は不満が止まらない 健常人みたいにあれもこれもできない自分に愚痴が腐りあの庭への行き方が分からない あの香りを忘れずにいればなぁあの香りを忘れずにいたならなぁ
●最優秀作品 深夜  橋本俊幸 認知症の父を捜しあてどこへ行くのかと叱れば「家に帰る」というどこに帰るというのか家を出て夜は冷たく張りつめている 道を探すわけではないあてなどあろうはずがないここがどこだかわからずに住処を捨てさ迷い歩く呼び戻す声が届かない 「家に帰る」とは言葉が暗示することに思いが不意に跳ぶ「家に帰る」とはここを去るということかこの世に生まれ来る前のどこやらへ帰ってゆくということか 深夜光が去り光によって見えずにいた星は瞬く知識や記憶を引き出す術を失って言葉が見せずにいた意味を瞬かせる かなしみが込み上げる両手の平で肩を抱く
●優秀作品 むらが消える  落合郁夫 山また山のなかのむら村制施行前の一八八八(明21)年 一五六戸、八七二人あと、戦争や恐慌にもまれ第二次大戦では 村の5%、31人が殺されたでも、60年ほどさほど変わらなかった 変わりだすのは外材が幅を利かすようになってから 木材の伐り出しが止まったそして、エネルギーの様変わり 薪や炭は売れなくなった列島改造、所得倍増が声高に叫ばれ人は、まちへまちへと吸取られてゆく 国勢調査は語る 一九五五年、一四九世帯、六六九人 一九六五年、一〇九世帯、四四九人 一九七五年、九二世帯、三一〇人 一九八五年、七二世帯、一七四人 一九九五年、三九世帯、一〇一人 二〇〇五年、四〇世帯、九〇人 一〇〇周年を祝った小学校は消えた道路はよくなったがバスは引上げた行商も来ない子どもの声は絶えて久しい二〇〇六年、市になったが人口減少はさらにすすむ 「おいらが死んだらどうなるんやろ」その声は谷底に沈んだままいま、二五世帯、四五人むらが消える
●優秀作品 紙ヒコーキ  サトウアツコ 競うことが使命だと刷り込まれた紙ヒコーキその背中に印刷された青空は動かなくなった白い雲と私の視線を結んだ後 山折り 谷折り 自分を折り曲げてこそ自由を手にできるなら 山あり 谷あり 非行に走るより重心をコントロール 誰が一番ながく浮遊していられるのか知りたがる子供達の手は青空を指差しいっせいにスタートを切るけれど後ろに投げてから前進する仲間の紙ヒコーキ出遅れても挽回し追い上げてくるヤリも飛ぶ イカも泳ぐユニークなデザインの紙ヒコーキ 蹴落としあうより風の抵抗と上手く付きあうこれも一つの技だとしたら使わない手はない 見えない力が働いても相手の懐へ滑り込み解いていく終盤を見逃さないでほしい 緑地公園の芝生に青空が落ちてくる 役目を果たしたものから順番にゴールを迎える
●最優秀作品 夜行列車  志田恵 筆記用具と買ってもらったばかりのピンクの箸をランドセルに詰めて父と二人 住み慣れた部屋を出た二度と帰らぬとは知らなかったから振り向くこともしなかった一番好きな赤い花柄のワンピースにランドセルを背負って夜の街を駅に向かった無口な父がこれから遠くへ行くのだと言った 夜行列車に揺られて父のふるさとへ何もかも捨てた父が最後に私を捨てるため 夜行列車の窓から見た暗い闇の先空に輝く星と地を這う光の境界が消えた私の目を見ない父から渡された凍った蜜柑おまえは乗り物に酔うからと夜行列車の窓を少しだけ開けてくれた寒くはないかと聞いた声が風に震えていた 線路が続く先 朝がきたら楽しいことがあると信じた目を閉じると夜行列車が走り続けているその行く先を私は今も 知らない
●優秀作品 ボタン  望月はる子 瓶の中のボタン蓋を開けるとあの日が跳び出すこれは初めて作ったブレザーこれはお気に入りのビーチウェア学生服の金ボタンは誰の物だったのかゴム付きのくるみボタンは娘のために顔や声が景色をつれてくる弾む一つ一つを掌にのせ転がすとかわいた音がするこの服にはこれをあのバックにはあれを拘りのあった遠き日こんなものその気になればいつだって 捨てられると思ったはずの手がまた そっと棚に置く梅雨の夜
●優秀作品 宿題  岡田直樹 ええ、大好きなあの子たちはのこらず立派に卒業していきましたあの子たちとの出会いは、わたしが大学を卒業したころ。たずねていったのは駅前の大きな病院生きることすら綱渡りのような難病の子たちの学級です。ベッドのなかで正座していた彼らとさっそくはじめの授業でした。 えんぴつで輪郭をとり彩色していくのを教えるときは、『先生、やるじゃない、』授業がすすむにつれ、『やすむ暇をあたえないで、ぼくらには時間がないんだ、』そんな風に言っているようでした。そこでわたしは、宿題を課すようにしました。なるべく時間のかかる宿題を。長い休みが終わるでしょう?するとひとりのこらず、誇らしげに宿題を提出するのです。『すべてがおじゃんになるよ、けれど、ぼくらは明日のために宿題をするんだ、』そんな声が聞こえるようでした。 ええ、あの子たちは卒業し、ひとり残らず亡くなりました。けれど彼らの明日は確かにあって、はるか先へつづいている。ずっとずっと見えないほど先へ進んでいる気がするのです。もうすぐ桜の季節。あの子たちの後輩たちがあつまる日が来ますよ。
●最優秀作品 ブラウス  野口やよい 結婚して間もない頃義母が遠慮がちにさしだした 千の紋白蝶が集まったようなレースのブラウス 折角ですけど、と断ってなにかを守ったつもりだった私は早い林檎のように真っ青で産毛まで硬かっただろう 受け取ることは与えることそのための時間はあまり残されていなかったのに 女の子が欲しくて自分の息子をスー子と呼んだ人春にはひな人形を飾った人 ブラウスと一緒にその人の失望はまた箪笥の奥にしまわれた      *クローゼットを開いて白シャツを手にとるさらさらという遠い羽ばたきに似た音がする
●詩作品 におい棒  上手宰 初老の父は布団に入ると言ったものだ「寝るが豊楽(ルビ ほうらく) 寝るが豊楽」齢にそぐわぬ肉体労働がきつかったのか すぐに眠りに落ちたそれが彼の「ありがとう」のようでもありどこか遠くへ消えていくようでもあった 若い頃の父はよく本を読んでくれた寝床に居並ぶ四人の息子たちに十五歳で大陸へ渡り敗戦まで暮らしたので中国の物語が好きだった私たちのお気に入りは『西遊記』で觔斗雲(ルビ きんとうん)に乗った悟空が耳から如意棒を取り出し巨大な獲物にして戦うのが痛快だった私たちはそれを「におい棒」と憶えていたがそのうち いつの間にか眠ってしまった「ありがとう」を言う間もなく耳に小さな棒を置き忘れたまま 年老いた夜更け 不思議な自然さでありがとうが自分の口から出て行ったことがある誰に言ったのかとその後を追ってみた父のところまで行くかと思えば妻の寝床に辿り着いてその耳に届けている私に似て遠くを目指す気概がない言葉たちであるだが父が見たら一番喜ぶだろう 夢やお話や囁きたちはみんな枕が好きだ疲れた体と心が眠りに沈むのを支える小丘枕の一番の友が そこに押し付けられた耳で物置のよ...
  *秋の手づくり小物市 9/3〜9/13 11:00〜18:00<最終日は15:00 期間中無休>  参加者は BUBUYA 礒田公子 大内恵子 就学支援サークルひまわり 田中澄江つくりやゆん ドーリー ヒデハウス  ながれ恵子 兵頭和子 松本吉世  ・・・・・・・・・・・・・・ バッグ 木彫りの小物 古布帽子 布ぞうり 多肉植物鉢植え 人形 トンボ玉アクセサリー他   *第8回兒玉健二作品展 9/15〜9/20 11:00〜18:00<最終日は15:00 期間中無休>   *歴史サロンは「南方熊楠を語る パート㈼」9/26 13:30〜  前回好評につき「続きを」というリクエスト多数でした。   今回は「熊楠といえば、粘菌でしょ。でも、熊楠の粘菌はちょっと違うのです」   というあたりを語っていただきます。    講師 濱田洋一氏    参加費 400円   *恒例の「ひょうたんライブ」は9/28 19:00〜21:00   HPもご覧ください。http://ichibagallery.com/
神戸平野のレンタルショップ・スペース・ギャラリーの「いちばぎゃらりぃ侑香」
1963.3目次 戦後詩の再検討=荒地のかずかずの詩人たち 〈荒地〉と思想ののりしろ  市川清 戦後詩の再検討=長谷川竜生そのほかのメモ  ひとつの詩を例にして  城侑 作品 ごつい手が欲しい  津森太郎 作品 墓碑銘=ヒロシマ  土井大介 作品 アスファルトの道  須田勇 作品 バスの車掌  竜崎富次郎 作品 女のうた=釜の唄  門倉詇 作品 ちぎれ田  小宮隆弘 作品 無言歌  御子柴昭治 作品 呼吸  立岡宏夫 作品 辛抱ずよい者よ  丹野茂 作品 蜩  藤田励治 作品 贈物  滝いく子 作品 小屋がけのある風景  内田豊清 作品 飛ぶおんな  鳴沢岳男 作品 檻の中のアフリカ  壺井繁治 作品 キロンボムスメの唄  八木忠栄 作品 号泣  城侑 作品 臨界  西杉夫 作品 状況  赤木三郎 作品 訪問  今井秀雄 作品 絶望の海  秋山兼三 作品 アルジェリアでは。  片羽登呂平 作品 夜半分  小田切清光 作品 白秋祭  内田博 ソビエトの詩人 エレーナ・セレブロフスカヤ  除村ヤエ ソビエトの詩人 セミョーン・ヴィレンスキー  除村ヤエ ソビエトの詩人 グレープ・ゴルボフスキー  田沢八郎 ソビエトの詩人 スレーマン・ルスタム  田沢八郎 中国の詩人 ウ...
再現  城侑 わかりましたわかりました あなたはぼくが泥棒するのを見ていたという のですね だから泥棒だというのですね わかりましたよ あなたが見たとおり ぼくのまえでぼくがいかに泥棒をして ぼくがどのようにして泥棒になったかにつき  再現して見せてください どのあたりで ぼくは泥棒になったのですか この村のはずれに立ってる石地蔵のあたりで  ですか それとも切株に腰をおろして 木を伐りはじめたそのときからだというので  すか またはぼくがぼくの家を出たときすでに泥棒  だったというのでしょうか または または 昨夜ぼくが寝床の端で眠っていたとき いやその前日 家出をしたまま帰ってこない母に手紙を書い  ていたとき そのときすでに泥棒だったというのでしたら そのところもやってください はじめからやってください 泥棒とはどんなものかだれが見てもわかるように やってください! やってください! ぼくだって このぼくの目で客観的に確かめておく必要が  ある どこがどの程度に悪いものか憎いものかを だからすぐにやってください もし腰つきが憎いのだったらすぐにも伸ばし  てみせましょう もし 目つきが悪いのだったら心を優し...
■編集ノート  創刊号を印刷所へいれて、まだそれが発行されないうちに、矢継ばやに第二号の編集ノートを書かねばならないあわただしさだ。ぼくたちは片足を年内に置き、片足を新しい年のなかへつっこんでいるみたいな奇妙なかんじである。□今月は思いきって一六頁ふやした。作品を全部三段組にしても編集上処理できないからである。そのかわり読者に迷惑かもしれぬが、御覧の通り定価をあげなければならなかったことを、諒承してもらいたい。一般読者のための頁も、第三号あたりから新設し、あるいは全国のひろい詩の書きたちとこの雑誌との緊密なつながりもつくってゆきたいと考えている。この雑誌が ぼくたち同人の雑誌にとどまらず、そのワクをこえて読者のみなさん自身の雑誌でもある という見地から、遠慮のない批判、要求をどしどしよせてもらいたい。(壺井繁治) ■ニュース欄でお伝えしたように、いくつかの部門もでき、担当者も決定して、いくぶんホッとした感じである。これからは、編集業務に没頭してもいいような。編集室の先輩諸兄は、壺井さんはじめ、多忙のなかを風邪などもおして、卒先して、自分の足であるきまわり、広告をとり、組織を作り、いいァイ...
1963.2 目次〔エッセイ〕プロレタリア詩 再評価への手がかり  プロレタリア詩の出発 西杉夫   詠嘆的情緒との訣別 壺井繁治  民族と民衆の魂のうた 門倉詇 〔作品〕 ビルのなかの檻 鳥沢きょうこ 醗酵 壺井繁治 クモとの対話 坂井徳三 海峡にて 佐藤文夫 街の蒼太の虹 藤本莫 変奏曲 秋山兼三 くちびるを切れ 鳴沢岳男 始めから 城侑 星型住宅 今井秀雄 ふたつの影 浅尾忠男 罠 秋吉久紀夫 詩人のたまねぎ 朝香進一 現代アラビアナイト・他 内田豊清 十月 土井大介 空想の子供 増岡敏和 処刑 御小柴昭治 話しあい 立岡宏夫 美しい人 飯塚泰治 鎧戸 佐名寛 悲しき巣立ち 滝いく子 さきがけた花に 山本晋二 眼 内田博 生きる 福田律郎 おまえたちの時間 赤木三郎 ハミス キューバ 田沢八郎 ガヴリーロフ ソビエト 除村ヤエ ザヴェリニューク ソビエト 除村ヤエ テン・チェン 中国 秋吉久紀夫 〔詩人の発言〕 階級性ということ 坂井徳三 野口正義の一行の詩句 小田切清光 雄弁をもつ詩集〔不在の証〕 内田豊清 再確認ふたつ・その他=現代詩時評 浅尾忠男 テーマと詩的形象 立岡宏...
詩誌『詩人会議』は1963年1月に創刊されました。それ以来一度の休刊もなく、2019年10月号で685号となりました。日本現代詩の活動の中でも稀有なことです。もちろんただ続けばいいというものではないでしょう。これからも創刊時の思いを忘れることなく『詩人会議』は歩み続けていきます。 創刊時の壺井繁治の編集ノートです。「詩人会議」の運動に寄せる思いが読み取れます。 「去年の五月一四日、ぼくの家 に若い詩人の赤木三郎、小田切清光、門倉訣 君たちが集ったのを機会に、一つ詩の雑誌をだそうではないかという話がもちあがり、それから七、八ヵ月ぶりでやっと創刊号がでる運びになった。第一号は表紙とも僅か三六頁のささやかな雑誌であるが、ぼくたちはこの雑誌に大きな希みと期待と課題をかけてい る。それはグループのアッビールをよく読んでもらいたい。差当りは同人雑誌で、あまり資金もないが、まず内容を充実して、たんなる同人雑誌から日本社会の現実の広場にでてゆき、多くの読者の忌憚ない批判にこたえながら、この雑誌こそ、「われわれの雑誌だ」というところまでもってゆきたいと思っている。 この雑誌では同人といえども、厳密に作...
2019年6月以降、このホームページのお世話をしています。 今後、このコーナーを使っていろいろなお知らせや、詩人会議バックナンバー紹介などをしていきたいと思っています。 このホームページ全体に関してなにかご要望のある場合もこちらまでご連絡ください。 連絡先は sewanin@shijinkaigi.net どうぞこれからよろしくお願いします。 芝原  
口編集ノート 去年の五月一四日、ぼくの家 に若い詩人の赤木三郎、小田切清光、門倉訣 君たちが集ったのを機会に、一つ詩の雑誌をだそうではないかという話がもちあがり、それから七、八ヵ月ぶりでやっと創刊号がでる運びになった。第一号は表紙とも僅か三六頁のささやかな雑誌であるが、ぼくたちはこの雑誌に大きな希みと期待と課題をかけてい る。それはグループのアッビールをよく読んでもらいたい。差当りは同人雑誌で、あまり資金もないが、まず内容を充実して、たんなる同人雑誌から日本社会の現実の広場にでてゆき、多くの読者の忌憚ない批判にこたえながら、この雑誌こそ、「われわれの雑誌だ」というところまでもってゆきたいと思っている。 この雑誌では同人といえども、厳密に作品を検討する。そのかわりに一般読者の作品もどんどん歓迎し、日本の現実の底辺に潜んでいる詩の鉱脈を発掘することに力をいれる。われわれは前にのべたように資金にとぼしいので、いくらでもよいから、この雑誌発刊に賛成の方々のカンバをお願いする。 (壺井繁治)  これはみなさんの雑誌です。みなさんの積極性と力の集中がほとんど唯一の基盤です。グループの一定の見解につい...
●詩作品 迷ったときは  柴田三吉  太陽を背にしているときは岬に 正面に見えるときは 船着き場に向かっています スマホ片手の旅人たちへシンプルな注意書き迷ったときは太陽が目安と 珊瑚樹の葉みたいな細長い島洟をたらした子どもでさえ神さまの通り道を知っているから標識なんてものも必要ない この世を発つときも太陽が昇る方角を目指せば迷うことなくニラーに辿り着き懐かしいご先祖さまに会えるのさ ソバの器を下げながらお婆ぁはうたうような舌で旅人たちに語りかける 地獄のない来世はいいね悪い虫が湧いても海に流せばいいさひたいを上げて森の精霊たちを見ていきなさいと 迷ったときは太陽が目安 曇っているときはとは書かれていない *ニラー ニライカナイ・楽土 ●編集手帳 ☆今月の特集は「歩く 走る 跳ぶ」です。私たちはどんな歩き方をし、それはどんな生きかたなのでしょう。☆三浦健治さんの「明治・大正・昭和詩史」は、今号で一区切りとなります。二〇一七年10月号から始まった論評は、わが国の詩の歴史を見直す力をもっています。今号の初代運営委員長・壺井繁治の戦争協力の詩にしても、私たちが学び、考えなければならない問...
事務所の場所は以下のとおりです。 事務所はセミナーや詩の朗読会、さらに詩専門の小図書館として会員の皆様にご利用いただいています。これからも 楽しい交流の場としてご遠慮なくご利用ください。 事務所への道しるべ(平田ハイム2階202号室) JR大塚下車、北口を出ますと正面はロータリーになっています。左のほうを見ると、コーヒーのスターバックスとみずほ銀行が並んでありますが、みずほ銀行にそってパチンコ店との間の路地を左へまっすぐ進んでください。四つめの交差点を右に折れると右側のビルが平田ハイムで、その二階が新事務所です。ビルは五階建てで、一階は車庫、二階には事務所が三つ、三階から五階はアパートになっています。
会員・会友の詩集一覧(詩人会議出版刊行) 詩誌名       著者名      価格鎌倉幻描      杉浦鷹男詩集   2.000円動         嶋田清詩集    2.000円 子ども・愛・平和  小森香子     1.500円 月之木物語     福永充郎詩集   2.000円 葉っぱの魚     塚田英子詩集   1.200円 見上げる芽     春山房子詩集   2.000円生き残り      竹内功詩集    1.800円 花のようなる夢   金谷美穂子歌集  1.500円御牧が原      山本辰太郎詩集  1.500円誰かいますか    熊井三郎詩集   1.500円 青春の蛇道     姫織アリヤ    1.200円 御牧が原      山本辰太郎詩集  1.500円 島においでよ    佐藤誠二詩集   1.800円 二人三脚      小田久美子詩集  1.800円まほうのくつ    光谷公男詩集   1.800円花のようなる夢   金谷美穂子    1.800円雪の轍       中正敏詩集    非売品階段のある部屋   はなすみ・まこと詩集 1.800円花水川物語2    府川清詩集    2.000円幟旗        荒波剛詩集    1.800円風まかせ      青木志か江詩集  1.800円 ...
通信による詩の実作教室 ○内容ご案内 ○自宅にいながら、詩作品を郵送するだけで、詩人会議の現役詩人たちの批評が得られます。 ○詩作経験を問わず、初めて詩を書く人から詩作の壁を突破したいと努力されている方まで詩人会議40年の運動の中で得た成果をもとにその作品を具体的に分析、アドバイスいたします。 ○ご希望の方は、84円切手を同封の上〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-18-3平田ハイム2階202号室 詩人会議「詩の実作教室」委員会(Tel 03-5980-6961) まで案内書をご請求ください。 sijin-kaigi@tokyo.email.ne.jp
私の「がん太」日記  大嶋和子 ジャーナリストだった「むのたけじ」さんは八十歳で癌になったというその癌に「がん太」と名付けて こう諭したそうだ―いいかあんまり暴れるな ほどほどにしておけよ暴れるとお前も俺も火葬場行きだぞ―とそして一〇一歳までの生涯を戦争にとことん反対し平和を手渡すためのバトンをみがいた人でもあるテレビの中でむのさんは豪快に笑い力強く語る 癌は敵じゃないから闘わなくてもいい何かを伝えるメッセンジャーなのだ術後一カ月の私にむのさんの画像は問いかける これからの人生を一〇一歳までの時間を むのさんの意志と共に私の中にも居る癌と共に生きていきたいそう思ったら 何と心が未来に向かうではないかこうして私の「がん太」日記は生まれバトンみがきがスタートしたある日の日記にはこうある6/7 全国公害被害者総行動総決起集会だったデモに参加する 体力がついたと思う7/5 今日は地域の集りで「笑いヨガ」を試した思いの外楽しく好評! 笑って免疫力アッ プだ8/10 今日は年金者組合 平和の集いだった石垣りんの詩「弔詞」を朗読した がん太!戦争は人間からすべてを奪うものだね絶対やってはダメ やらせてもダメだ むのさん...
死んだふり 北川ただひと 狭い路地の奥にある木造アパートにその方は住んでいますダンボールが積まれた六帖一間に埋まるように暮らしていますお元気でしたか と声をかけると丸めた背中から顔がもち上がり―今日は死んだふりですこれは まだまだいのちの逆説的な表現でしょうか―あの世に近いひとり暮らしが都会の 片隅で生きることは 年々重たくな る死を抱いて 育てているのですこれは見えないものを見せようとするシュールな表現でしょうか―ほんとにね 時というものが背中を スースー流れていくのです だから いのちは死と混ぜこぜなんですこれは生と死が往き来する世界の皮膚的な表現でしょうかうなだれてわたしは帰るのです訪問のたびごとにいただく重たいものを転がしながらところが翌日の訪問途中背中を伸ばして歩く勇姿が眼に飛び込んできて 思わずその調子ですよ と声をかけたのです―今日は生きてるふりですその方は口元を押さえ小さく笑い路地の舞台の袖に歩み去ったのです昨日は死んだふり今日は生きてるふり明日はどんなふり? などと余計なことを思ううちにこの方のいのちの表現がゆるゆると腑に落ちてくるのですペダルを踏んでわたしは帰るので...
部屋 あさぎとち 部屋はたしかにそこに存在するが、なにも話さない。窓から初夏の柔らかい風がそっと入ってくる。白いカーテンが少し揺れる。外では緑色の草が茂り始めている。 大きな病室に子どもがぽつんと一人でいる。影の作られない四角い空間で、ざわめきは静寂になった。時計の音はしているが、時間が止まる。 凝集する眩しさに抉られた子どもの傷は、この白い広がりで瘡蓋になった。仄かな光以外に囲むものがない世界。こころの水源、ことばの子宮。 少なくとも、黙する部屋はこの子に必要なものを知っている。子どもはじっとしている。幼さゆえ動けない。いやここでやっと幼さに出会うことができた。人間だけが呼吸の仕方を学べない。息をしようとすると気管に楔を打ち込まれる。入院後、部屋はできるだけ誰にも廊下を通らせなかった。音をはねつける。入口に立たせない。 ただじっと宇宙にすわる。部屋は自分の狭さをたまに責める。星はただ闇に浮かび、他の星との距離を掴まない。 子どもは少し目を上げる。自分の力でまぶたを開閉させる。天井の隅に小さく光が反射していることに気づく。 壁は白い。掌には深いしわがある。遠くに看護婦の声が聞こえる...
〈最優秀作品〉  後藤光治「潮騒の村」(4月号) 選 河合政信/柴田三吉/都月次郎/みもとけいこ 潮騒の村  後藤光治 海沿いの村が寝静まっている入り江には潮が満ち月光が一本の光の道を作っている浪が返す度に光はゆらめき潮が騒ぎ海が鳴る潮騒は風に乗り星の煌く暗い夜空を抜けて家屋の中へ侵入し枕に横たえた村人の頭蓋を満たす 一日の仕事に疲れた人々は頭蓋の中の潮のざわめきの中で今日を反芻し 明日を思い煩うそうやって幾世紀も生きてきたそのせいか行き交う村の人々は海の息吹に満ちている深い皺が彫られた老人の顔は夕焼けの海そのものだ潮騒は頭蓋に棲みついている遠く故郷を離れても目を閉じると頭蓋の中で海鳴りがし砂浜を波が返すすると行き場のない郷愁に捉われる 死者は土葬の墓地に葬られる土の中で屍体が朽ちていき潮騒が頭蓋を抜け出ていく抜け出て辺りを埋めつくし草木を覆うそれゆえ墓地も海の息吹で満たされる海の息吹の中で蟋蟀が鳴き梟が寂しく鳴き交わす海の潮騒に山の潮騒が呼応して村はさながら巨大な海の渦である何の変哲もないありふれた村歴史に顔を出すこともなく一人の偉人も生むこともなかったそれでも凛として息づいて...
□編集ノート  創刊号以来ずっといろいろな特集をつづけてきたわれわれは、今月号では「日韓会談」の今日的重大さに鑑み、「朝鮮詩」の特集を企画し、最初近代朝鮮詩の歴史現在の南北朝鮮詩の現況、それぞれの作品の飜訳を依頼、承諾を得た上でこの企画をすすめてきたのだが、〆切間際になって、これらいちばん柱となるべき原稿を遂に入手することができぬ羽目に追いやられ、やむを得ず応急策を講じ、ともかく御覧の通りの特集内容となった。幸いに朴春日氏がこの特集に使える原稿をもっていたので、無理にたのんでそれを頂いたことを深く感謝する。朝鮮を題材とした日本の詩人の若干の作品についてわたしがふれたが、日本詩人の「朝鮮詩年譜」みたいなものをつくりたかったのに、それも実現できなかったのは残念だ。他日に期待してもらいたい。□雑誌の上では、この号から今年の後半期にはいる。編集室の頭のなかではいろいろな企画が渦巻いているが、まだそれが具体的実現というところまで整理されていない。読者諸君のなかでも、今日の現状に適したいい企画を思いつかれた方は、そのアイデアを編集室まで申出てほしい。それによってわれわれの企画だけでなく、「大衆...
第47回壺井繁治賞 目次ゆきこ詩集『歩く』(詩人会議出版) ●略 歴  一九四一年広島市に生まれる。二十代、広島詩人会議に入会、続いて詩人会議に入会する。香川県在住の時「湖の会」同人(今は退会)、二〇〇三年「折々の会」同人になる。広島県詩人協会会員。詩集『道』視点社 一九八二年詩集『在る』   一九九五年 ●受賞のことば ふりかえって  目次ゆきこ  子ども時代本は貴重な存在でした。貸本屋さんの棚の本、四年生の時できた学級文庫、五年生から学校の図書室の本と私の本の世界は広がってゆきました。 戦後まもない日々の暮しは決して穏やかなものではありませんでしたが、一冊の本は私の心の枝を自在にのばし、私の中に何かしら運んできてくれたようです。思いすぎかもしれませんがその中に詩をかき始める種が混じっていたのかもしれません。 広島詩人会議との出あいは二十代のはじめ詩の教室に参加した時です。 主催者の堀ひろじさん、四国五郎さん、兼松さん、木村さんにおあいしたようにおぼえています。本当にゆっくりの歩みですがたくさんの人達との出あいに引っ張られて、今此処に居ると感じます。 詩集『歩く』はその時時の私が...
●総評 理屈を超えた批評と共感  柴田三吉 第53回詩人会議新人賞は、別記のとおり、詩部門の入選作一編、佳作三篇を選出しました。評論部門は検討の結果、入賞作なしという結果になりました。 今年の傾向としては、沖縄の辺野古新基地建設、福島の原発事故問題をはじめ、民主主義を破壊する政治への批判が多く見られました。また高齢化社会における老いの厳しさ、若い世代の生きづらさを描いた作品も多く見られました。それらに込められた作者の主張、思いはたいへん貴重で、胸を打つ言葉に満ちていました。 入選作、広瀬心二郎さんの「トヨばあ」は、沖縄で暮らす九十歳のおばあさんの心の内を、柔らかい言葉で掬い取って深い感銘があります。長い歳月が培ってきた自然への感謝に、いまも変わらない「イクサ」の歴史が重ねられていて、理屈を超えた批評、共感がありました。「トヨばあ」の惑いに寄り添いつつ、生のよろこびに導いていくラストが素晴らしいです。 佳作一席、興村俊郎さん「海岸通り」は、湾に収まりきれない鯨が打ち上げられたという設定で、文明批評的寓意があります。一旦打ち上げられたものは押し戻せない。それは人間の営みが破壊される未来図と...
国立国会図書館デジタルデータ書誌詳細 <特集>詩の土壤 ぼくの詩はどこにあったか / 鳴沢岳男 / p11~16 <特集>詩の土壤 <対決>にいたるまで / 仏人志夫 / p16~18<特集>詩の土壤 土壌過程 創作過程 / 坂井徳三 / p18~22うたものがたり 胃ぶくろかば / 赤木三郎 / p4~10 散文叙事詩連載第二回 わたしはキューバ / エフトウシエンコ ; 草鹿外吉 / p57~63<作品> 尾行 / 城侑 / p23~23 <作品> ともだちと自由 / 門倉詇 / p24~25<作品> 海 / 谺雄二 / p26~27 <作品> 港で / 呉林俊 / p27~27 <作品> 詩四篇 / 冬木光生 / p28~29<作品> タッチャンの物語 / 御子紫昭治 / p30~31<作品> 日蔭の眼 / 堀ひろじ / p32~32 <作品> あなたのために / 草鹿外吉 / p42~43<作品> 男 / 土田明子 / p44~45<作品> 黙れ 黙れというのですか / 太田朴翠 / p46~47 <作品> 白熱の輪 / 今井秀雄 / p48~48<作品> 地球の独白 / 竜崎富次郎 / p48~49<作品> ホワイトカラーの歩兵に / 山本晋二 / p50~50<作品> この足 / 酒井真右 / p51~51 <作品> ライオン市場 / 飯田六次 / p52~52 <作品> し...
国立国会図書館デジタルデータ書誌詳細より <特集>政治と詩 現代詩とその困難な道 / 壺井繁治 / p12~21 <特集>政治と詩 詩についての断片的な考え / 秋村宏 / p22~29<特集>政治と詩 詩的実践の思想と方法をめぐって / 浅尾忠男 / p30~37<特集>政治と詩 前提的課題としての人間分析 / 坂井徳三 / p60~63 <特集>政治と詩 詩は政治から被害をうけたか / 土井大助 / p64~68 <特集>政治と詩 経済との関連の中にリアリズムを / 飯田六次 / p69~71 散文叙事詩連載第一回 わたしはキューバ / エフトゥシェンコ ; 草鹿外吉 / p72~87<作品> 炎える顔 / しやりくら・すすむ / p4~4 <作品> ポストのうた / 今井秀雄 / p5~5 <作品> ひとまずいこうワシントンへ / 佐藤文夫 / p6~7<作品> 1963・10・17 / 谺雄二 / p7~7 <作品> かゆい / 滝いく子 / p8~8 <作品> おれたちの愛は / 宮崎清 / p9~9 <作品> つぐのい / 立岡宏夫 / p10~10 <作品> スケッチ二題 / 津森太郎 / p11~11 <作品> ある夜の問答 / 壺井繁治 / p42~42<作品> K君選挙事務所 / 坂井徳三 / p43~43<作品> 冬の百...
●編集手帳☆今年は自然の大災害と人の権力獲得への欲望が露骨に表れた年でした。☆最終号は例年、「全国詩誌代表作品集」です。ここには生きる意味をみつめ、地道に継続する多様な思考があります。☆緊急小詩集「いま、声をだそう!」は要請(通信欄冒頭)によって短時日で書かれた作品です。熱い創作態度を示しています。また、連載の詩作入門・草野信子、沖縄のことば・安仁屋眞昭さん。定期欄・熊井三郎、宇宿一成、北村真、中村花木、おおむらたかじ、鈴木文子、あらきひかるの方々。それぞれ深い思索と真摯な批評で内外の信頼を得ました。徐京植、田中和雄さんの広い視野をもつ連載はつづいてお願いしました。それから、二年間、本誌の表紙を多彩に描いてくださった美濃部民子さん。みなさん、ありがとうございました。☆「自由のひろば」の年間最優秀、優秀作品が決まりました。選者の高田真さんが柴田三吉さんに代わります。☆改憲、独裁化とたたかう小誌を、ご支援いただき、お礼申し上げます。(秋村宏)  二〇一七年全国詩誌代表作品集 北海道・東北阿字 佐野のり子 ミミズのバイオリン 6ever clear あさぎとち 冬の魔法 6北の詩人 小川道子 あの日、あの時、...
●詩作品 痛む光  佐川亜紀 夜のビルは眠らないヒョウより飢えた無数の目が都会のジャングルで命をむさぼるライトにとりつかれた人々きらびやかな光が好きでそのために若い命を涸らしても次々に誘いとだましの目を向ける私もするっとずるずるした尾につらなるすわ一大事とずるいアラームに操られる このイルミネーションはあの光の爆発と関係ないのかこの終電車で眠り込む茶髪の頭あの焼けた真っ黒の頭部このスマホを見続ける柔らかい頬あの皮がむかれた桃の顔一瞬で光の渦に呑み込まれた二つの街えぐられた腹のまま化学反応実験として記録された人々記録もされなかった人々朝鮮・中国の被爆者朝鮮人被爆者は広島で五万人 うち二万人死亡長崎で二万人 うち一万人死亡と言われる帰国しても日本に癒されない傷はさらに痛んだ不気味な光の持ち合いでますます闇に押し込まれる傷ついた人々 闇の底の声を地に耳をつけて聞く地に刻まれた爆音と叫び声深海の魚たちもうめきだす明日の自分のうめき闇の中を通って光が命の形になる  ●編集手帳 ☆特集「光 闇」。どういうわけか「かはたれどき」(彼は誰時)や「たそがれどき」(誰そ彼時)の言葉が浮かんできました。明...
家路 武田いずみ後部座席で子どもは寝てしまった ラジオの音量を下げても今日のニュースは甲高い靴音を響かせる あしたあさってすぐに その日人のココロ 取りに来るという 短い日本語の意味ぼんやり考えていたらアナウンサーが夕刻を告げる あ 晩御飯 何にしよう 聴いたはずの何か景色にちぎられる 道路わきで標語の看板がカタカタ鳴っている アクセルを踏めば我が家が近づく 安心な場所に着いたと騙したままで子どもを起こす  ●編集手帳(秋村宏) ☆今月の特集はメディアについてです。私たちは情報の洪水のなかにいて、その選択にそれぞれの生きかたが表われるのではないでしょうか。メディアが表現者としての主張を弱め、政権寄りの報道を、あたかも「客観・公正」であるかのようにいう危険さを、私たちはつねに指摘していますが、なにが真実であるかを決めるのは創造者としての主観・主張です。つまり真実もまた多様であり、自己批評を伴うのを読みとっていただければ幸いです。☆高良留美子さんに、茨木のり子の詩「見えない配達夫」についての論考をいただきました。茨木は「社会と自然を明確に区別する」という指摘に学ばされました。☆三浦健治...
●詩作品 ポンポンスイコ 洲史 ポンポンスイコポンポンスイコ 春の味土手に芽を出す 草の竹の子近くの田んぼは早苗の準備太くて短いのがよい手で折れば ポンと音がする皮剥いて 頬ばればほのかに酸っぱく甘い春の味 スカンポ ドングイ ゴンパチ エッタンイタズリ イタンボ サシドリ スイスイスッポン タケスイバ タジッポダンジ タンポコ ハータナ ハータネポンポン イッタンダラケ イタドリいろいろ呼び名はあるけれどポンポンスイコはポンポンスイコ ポンポンスイコポンポンスイコ 何の味稲刈りの秋には葉も茂り茎も太く固くなり 手では折れない 鎌で刈るのも苦労する固い葉をちぎり 口に入れればえぐい渋みの奥の奥いくらか感じる 酸っぱい甘みは何の味 ポンポンスイコポンポンスイコ 雪の下   原泉 野口 やよい みずうみをもっている 夜な夜な濡れた草を踏みしめてつめたい風を頬にうけて畔へ降りていく みずうみは黒い瞳で見つめる わたしの瞳が まだあおく澄んでいたころからしろく濁ったこのごろまで変わらない その瞳 身を浸せばまひるの疲れは洗われて乾いた命はとっぷりほとびて ふるさとのないわたしだけれどみずうみをもっている いつか...
●詩作品 バナナ・ムーン  宇宿 一成 街灯の明るい道を折れると夜道の暗さが急に広がって星空がさわがしくなる西の空に月も傾いている ラジオがどんな月なのと尋ねるので三日月細いの?太いの?えっとねちょっと細い皮をむいたバナナぐらい子供はそう答える 平和ってこんな夜道のことだ月は一本のバナナになって遠い山際にぶら下がりおいしそうに光っている       いのち 永遠なれ  熊井 三郎 小さな口であくびするひょっこんする くしゃみするからだじゅうでのびをする遠慮なしにオナラする生まれ出て二か月まだ首のすわらない50センチほどの体で大人と同じことをする不思議 曾孫がいてもおかしくない歳になって初めて孫ができることになった知らせを聞いてかけつけてみると娘はつわりがひどく車海老のように体を丸めてソファーに蹲っていた生まれてきたのは女の子と男の子の双子娘、ふたりの赤ちゃんに婿もと四人がわが家に闖入してきた明け渡す二間の片づけからはじまってばあちゃんもじいちゃんもてんやわんやだ ソファーに寝かせてふたりの相手をしているとこの子らにわが来し方と託す思いを書き残しておきたい気になってきた何歳を目途...
●短詩 ツルを折る  青井耿子 食事の度に集まる食堂の隅でツルを折る麻痺した手のリハビリのためだそして、もう一つの夢は今年も誰かにつれられてツルたちよ、広島の空へ   不条理  秋乃夕陽 母子もろとも キチガイ扱いした人間の詩が我が物顔で詩誌に載っているのを目にすると正義はどこにあるのかと 正直疑いたくなる将来の約束を反故にされ 未来への展望も全て壊された者の詩が いまここにある   いのち  秋村宏 道のむこうのくぬぎ林が伐られわが家の茂みへ走ってきたあおだいしょう   総理孤愁  浅尾忠男 森友学園異聞飼い犬に手を咬まれて臍(ほぞ)を噛む一〇〇万円 人間ドッグベッドのうえに孤愁が身をよこたえている  ●編集手帳 特集は短詩です。九六人の参加ですが、5行以内でいまの人間=現実に切り込むには、それぞれの独自な方法、表現が必要です。今号の作品はどうでしょうか。☆上野未央さんは〝様々な階層の人びとによって娯楽として楽しまれていた〟キャロルが、マリアのほかにも題材があったと書かれています。民衆の俗語歌謡として、それらも読みたいものです。☆桜井国俊さんが、沖縄の新基地建設反対の民...
●詩作品 大きな本 上手 宰 〈電話帳〉の異名をとった『壺井繁治全詩集』はいまだにわが家で最大の書物だ 著者にお会いした時 おそるおそる私は訊いた あの全詩集は まだあるのでしょうかあるけど重いからね 家まで取りに来てくれたら割引きして売ってあげるよ かくしてお宅に伺い 奥様とのお茶にもよばれでっかい戦利品をかついで うれしく凱旋重い本と老齢の詩人は 無名の若者に優しかった 翌年 初めての詩集を携えてお見舞いに行くと病院はただならぬ気配に包まれていた老詩人の容態が急変 まもなく旅立ったのだ 「壺井繁治様」と署名した一冊は今も手元にある勇気がなくて手渡せなかったのだとなぜか長いあいだ思い込んでいた 何もできずに帰ってくるしかなかったその日自分の詩集なんか持っていったことが恥ずかしく記憶が歪んでいったのだろう 老詩人の思い出に 人々は小豆島に詩碑を建てた「石は 億万年を 黙って 暮らし続けたその間に 空は 晴れたり 曇ったりした」 〈電話帳〉を抱えた腕も 歪んでばかりの記憶も 詩碑を作って祈り やがて消えていく人たちも みんな本だ 誰かに何かを手渡そうとした これは重いものだよ それでも持って行くかいと 誰...
都市論  宇宿一成 ムンバイの夜を行く豹ローマの空を覆う夥しいムクドリ 排除したつもりの自然が結界をこえて侵入する 都市には捕らえ易い家畜がいて都市の大気は越冬に都合よく暖かい ヒトがヒトだけで安全に快適に暮らし続けるというのは脳が描いた幻想にすぎない 危険はいつもほんのわずかな隙間から入り込む道路わきの水路から温泉の蒸気が噴き上がっている 厳重に囲い込まれた原発にしたところで 編集手帳 ☆特集「私の書きたいこと」には、力いっぱいのそれぞれの方法・表現があります。感想をいただければ幸いです。風野真季さんはエッセイのなかで「私は時々、社会の出来事に対する怒りを、読む人に分ってほしくて詩にすることがある。だがそれは詩というより、意見文のようになってしまう」と。水田佳さんは「手前味噌」で「母は自分の作る味噌がこの世で一番おいしいと信じていた」が、辛く、けれどいま仲間と味噌を作りながら「おいしいと信じて家族のために大量の味噌を一人で仕込んでいた母」を思い出す、と。それぞれ違う二つのことがなぜか交錯します。☆それらすべてを受けとめるように、秋亜綺羅さんの「詩ってなんだろう」の問いがありま...
●山本隆子小詩集 より 観覧車 この地に越して来た頃には向こうの丘の上に小さな観覧車があって川沿いの道を夫の乗る車イスを押して散歩する時いつもそれを見ていたまるで小さい子にいうように「ほら観覧車よ」などといって むかし 大きな観覧車の出てくる外国映画を見たわね といえば夫もよく覚えていて映画『第三の男』の印象に残っているところなど元気にしゃべり出したりしたものだ 今度 あの近くまで行きましょうよ遊ぶことはできなくても きっといい気持ちよけれども古い遊園地だったそこはそれから間もなく廃園になり観覧車はしばらくそこに見えていたけれどもやがて気が付くと消えてしまっていた後にその近くの住民たちにはそれは風の強い夜などにはこわいものでもあったと聞いた もしそれが初めからそこになければ丘はそれだけで大好きな美しい風景であったに違いないけれど遠くから見るだけで心なぐさめられたそれがとつ然見えなくなるとことさら寂しい小山に見えて時に私は失望した 私たちはただ年を取って行きながら妻の私は夫の介護を続けそして今もふっとそれがくせのように丘の上に目をやることがある それからもう何年も過ぎた今も私はそれを想...
●詩作品 十二月の空に 秋山陽子 君 帰ってこないか 一人で生きられるように心を強く持てるようそう願い育てた一人京都で何も言わず確かに君は生きているだろう 先日ある話を聞いたんだ昔の社会はもっと単純で仕事も地域も同じ事を繰り返していたとだからみんなが色々なところで活躍したし必要とされたと きついんじゃないか今の生活多種な書類と複雑な人間関係で 今日の山は白いけど春のような陽がさしてこんな日は縁側に寝転ぶと空は青いし山茶花は赤い 君 帰ってこないか ●編集手帳 ☆特集「私のふるさと」。〝ふるさととは創るものではなく…そこにあるもの〟(菅原)と同時に、〝私が半世紀過ごしたここが/ふるさと〟(あべ)なのです。私達はどんなふるさとを子どもたちに残せるのでしょう。☆シリアではいま戦争が行なわれています。複雑な戦争、悲惨な民衆の姿が断片的に報道されてはいます。けれどシリアについてほとんど知らないのでは。詩人のムハンマド・オダイマさんに「シリアの現状と文化」について語っていただきました。インタビュアーは武田朝子さんで、詩の翻訳もお願いしました。長沢栄治さんには、中東全体の視点からイラクや日本の平...
●2月号 詩作品 一生 草野信子一生忘れない そう思ったことが いくどか あったひとのいつくしみや 深い愛のなかにいて 一生忘れないそう伝えたら ことばの胸もとから一生 が 羽毛のように舞いあがりそうでただ 黙っていた 若い日 一生はこころのゆくえも おぼつかないほどにはるかな長さを生きることだった いま わたしに一生 は 残り少ない歳月となって 一生忘れません ときょう 手紙にしたためているかなしみにさしのべてくれた手を 忘れない と ことばも やわらかく年老いて 決意も 約束も たしかに守りきることができる短い生が残されている     初冬  武田いずみ あぶないから手をつないでいこう 右手を出しても断られる 六歳になるといろいろ あるらしいのです。 しばらくするとショルダーバッグの肩紐が引っ張られる力も強くなってる 歩きにくいよ重いし ひもが切れちゃうかもよそ見しているけれど手は離してくれる 少しして上着の裾が引かれるお気に入りのカーディガン伸びてしまう もう好きにさせておく  ●2月号 編集手帳 ☆1月号につづいて新春作品52人の特集です。みなさんの創作意欲は旺盛です。☆二〇一六年一一月に...
拒む 3  熊井三郎 聞いたか やぶらこうじ聞いたとも ぶらこうじ 〈どこつかんどるんじゃぼけ、土人が〈黙れ、こら、シナ人 やぶらこうじ お前 いつ土人になったぶらこうじ お前 いつシナ人になった (ネットに 誰かが 書いていた(土人に土人と言ってなにが悪い たしかに 俺たち 土人かもしれんなシナ人かもしれんな (南の島の 黒ん坊(未開で野蛮の 土人ども 機動隊の若者の投げつけた言葉はヨシヒデとシンゾーの本音かもしれんぞ イヤだ と いくら叫んでも押しつけ押さえつけ押し込んでくる (しなちゃんころ(負けて逃げるはちゃんちゃん坊主 土人やシナ人の棲む島 ぐらいに未開で野蛮な植民地 ぐらいに 権力の頂点 の ひた隠しの本音が権力の末端 の 口から飛びだしたのか ヤマトンチューのみんなにきいてみたいよ   さみしい風景  田上悦子 温度表示は あたたかい つめたいという文字だけだったのでドリンクの自販機は寡黙だった 夕暮れの街を歩くいつからかあたたか~い つめた~いに変ってきた波形ダッシュを入れたら急に歌いだしている 街角で ブロック塀の前で閉ざしたシャッターの前で店と店の隙き間で空き家の前で 廃屋の前でいたると...
伽耶琴(カヤグム)  佐川亜紀 十二人の絹の女たちはわき上がる旋律で宇宙の絃をふるわせる十二の絃は身をしならせて舞う宮廷の正楽 民の散調伽耶という美しい名銀の雨が地を打ち十二の川が果てしなく伸びる風が裳裾の光をひろげる 赤い雪が降る陽は灰色の雲に覆われ雲は褐色に染まり続ける弦が裂かれて血があふれた時代まだ裂かれ続けるいま 炭鉱に埋められた叫び海に沈められた愛する者線路になった望郷引きちぎられた無窮花のめしべ 噴水のように一本の青桐の美しさにたかまり虹のようにきらめく五色の音に分かれ地の底の音を跳ねらせ空に散らし女たちの旋律が時を駆けてゆく私の身の絃をはじき隠された闇を鳴りださせ夜の瞳を開く ●編集手帳 ☆特集は「平和」です。会外のみなさんから作品をいただきました。会員の詩と併せて、いまの現実を生き、表現する多様さ、深さを味わってください。☆桜井国俊氏のエッセイは、コスタリカの平和教育について述べられ、争いの〝解決の基本は、対話をする、そして交渉をするということ〟とし、その基本に軍隊のないことを挙げられています。岡本厚氏も〝戦争を防ぐのは、対話・交渉…以外にない〟とし〝戦争はやが...
●短詩 景色 青井耿子 ベッドから赤い破風様の屋根が見える見るたび若いとき行った辺野古の景色を想い出す沖には糸レースのような珊瑚礁の波浜辺に小さなピンクの花があちこちに首をもたげおお辺野古よそのままで     空港のピアノ 青木みつお あの時の感情がよみがえってくる音でしかあらわせないそれが自分にとって大事なんだ――だがぼくの国では感情も肩身の狭い存在なのだ   農業 秋村宏 トウモロコシやサツマイモをつくっていた畑に人の家がいくつも建てられ話し声もない   現代(ルビ あべ)政治の基礎知識(2) 浅尾忠男 真摯=丁寧に嘘をつくこと丁寧=真摯に他人をだますこと対話=相手の意見を聞くふりをすること握手=信じあっていないことを確かめること ●編集手帳 ☆特集は「短詩」です。参加者は一一六人で、そのうち会外のみなさんは三六人です。寄贈を受けている同人誌の詩人の作品ほか、多様な内容を示すのではないでしょうか。☆小詩集「いま、声をだそう! 3」は、いまの社会的現実を探り、その表現を多くの人に届けようとする作品で、パンフレットにもなります。七月の参議院議員選挙前に普及したいのです。詩に、政治...
●詩作品 方言事始め 佐々木洋一 おれどごどおめえどごど分げるおれだづどおめえだづど分げる 太郎ど花子ど分げるこごどあそごど分げる ほでなす 出ぎど不出ぎど分げる下ごど酔っぱらいど分げる いぎすかね 峠の境界で上ど下ど分げる峠の地蔵を拝みながらあの世どこの世ど分げる あほんだら ばがこぐでねえ こごさ必死で住み着いでいるものどあそごさのうのうど暮らしているものど分げる まなぐどべろどけっつぼったど分げるしょんべんひっかげで分げる こごのものどこごでねえものど分げるねつくちど責めながら分げる ないしょさすっぺす よそがらへってこねようぬよそさいがねようぬ話す言葉で分げる 話す言葉てんでんこあだまどろっとすてくづびるぬべっとしてはっぱすわがんねえ  ●編集手帳☆今月の特集は方言です。方言は生活語ですから、暮らしの中身がしみ込んでいる言葉です。その方言を追放して〝標準語〟を強要したのが国です。その〝共通語〟のために、全国どこでも話しが通じやすくなったのは事実です。けれど全国各地域でしか話されていない言葉が取り残されてしまいました。その生きている言葉に、どう対応したらいいのでしょう。...
●詩作品 教室 草野信子 それは 遠い日の やわらかなひかり 先生は 黒板に 日本国憲法 と書いてその横に 三つのことばを書いたガラス窓から射しこむ ひかりにほこりの粒子が舞っていた 六年生の教室戦争をしない国になりました と 先生が言った それは 声 英単語の練習 数学の問題 漢字練習朝の 十分間の自習時間 木曜日は 日本国憲法 を 少しずつ読んだときどき 先生が来て ゆっくりと音読してくれた社会科は 憲法を読んでいこう そう言った 担任の先生わたしたちは 練習に飽きた十五才だった それからそれは ことば になった子を産み 育て 父を送り 母を送った一生 と呼んでたがわない 年月に それは 開くことのなかった本のなかにあったが 遠い日の やわらかなひかり朝の教室の 深くあたたかい声 書きかえよう としているものがことばを 削り つけたしているので残りの生の日々 日本国憲法 を 少しずつ読むときどき 先生が来て ゆっくりと音読してくれる ●編集手帳 ☆今月の特集は「わたしと憲法」です。日本国憲法前文に〝ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。〟とあります。現政権はそうではなく、主権が国家にあることにした...
●特集詩作品 好きよ 好き好き  熊井 三郎 好きよ寅さん 寅さん好き好きよ金さん 金さん好き 寅さんの決めぜりふアメリカファーストわたしも負けずにアベリカファーストイヤヨ寅さんの手をしばっちゃなんとか禁止条約わたし ハンタイいいわよ寅さんウン千億ウン兆円の武器わたし 爆買いしちゃう 片肌脱いだらパッとミサイル吹雪の金さん先だってはありがとうボンボン打ち上げてくれたのでわたし大勝しちゃった びっくり!コクナンなんちゃってサ連れてったひとたち 返しちゃだめよヒール役 忘れないでわたしのお願いアレを変えてしまうまでまたボンボン打ち上げてね オー わたしのいい人 頼れる人好きよ寅さん 寅さん好き好きよ金さん 金さん好き*「好きよジェロニモ あなたが好き」は故福中都生子さんのフレーズ  「国の標語」パレード  上手 宰 ドイツは「万国の労働者、団結せよ!」(独語)『共産党宣言』が下地なのにお咎めなし?反体制でもマルクスさんはお国自慢 「自由!さもなくば死!」(希語)は古代ギリシャから綿綿と続く精神だが侵略者だけでなく奴隷に対する侮蔑も含んでいた祖国防衛に真先に赴く自由市民の勇気は認めるが 実は奴隷になるなら死...
●詩作品 こどもであっても 草野信子 左の ひじを がぶっ と 噛まれたのだから半袖の 夏だったのだろう れいこちゃんが前に立って むすんでひらいてを 手を動かしながら歌った わたしも小さくまねをしていたら となりの列にすわっていたかわたにくんが やめろ と言った れいこちゃんのお手本を見て それから みんなで一緒にやりましょう せんせいは そう言ったのだから わたしがわるい 手をおろして口をとじたのに オルガンの音が弾んで また歌った むすんでひらいて やめろ 何度か聞こえて そのあと かわたにくんが とつぜんわたしの 左のひじに 噛みついた おゆうぎ室のすみっこ 玉入れのかごのかげでせんせいが 白い包帯を巻いてくれたのは わたしが泣いて そこを動かなかったからだろう家まで おんぶされて 帰ったのも ゆるやかな坂のうえにあった 月の輪幼稚園 わたしは五才だった れいこちゃんは わたしより愛らしいのだということ かわたにくんはれいこちゃんを好きだということは わかったそして 五才のこどもだったけれど たくさんのひとのなかにいるときの自分の寄る辺なさ はもう わかっていた ●編集手帳 ☆今月の特集は「子どもたちへの詩」で...
●詩作品 りゅうず 玄原冬子 長いこと異国の言葉だと思っていた そのひびきだけで 海をわたり 重い殻を破ることができそうだった 容易く欠け落ちてしまいそうな小さな突起なのに 恐る恐る 巻き上げると 世界は 俄かに音を立ててまわりはじめ 暮れかけた通りを一気に駆け抜けていった まるでこの指が時間を生みだしたようで澄んだ秒針の音に 思わず私も走りだした 暮れかけた細い通りを ひたすらまだ出逢って間もない世界 というもののあとを追って ひっそりと 時間は目ざめるものだったひとの掌のなかで 日に一度 粟粒ほどのネジを巻かれて 生まれた町を離れるときも着けていた水色の腕時計の ざらっとしたネジの感触を今でも 懐かしく想うことがある あれから半世紀にも満たないうちに世界も 時計も 機能だけが切り離され果てもなく 空を飛び交うようになった ひとの手に触れられて はじめて まわりだした日のことも忘れて ●編集手帳 ☆本号の特集は「海外詩」です。細野豊、佐川亜紀、石子順、河合恒生のみなさんにご執筆いただきました。細野さんご紹介のメキシコ女性詩人アンバル・パストの〝わたしは人間の手で作られた物と想像力に途方もない郷愁を...
●詩作品 南風 佐川亜紀 南風にほっぺたをぶたれた海の大きな手で島の深い手で生まれたての貝の手で血みどろの手で骨をつぶされた手で切り刻まれた手でガジュマルの木の手でジュゴンのひれの手で女神・琉球弁財天の六本の手で目を覚ませ 南風にほっぺたをなでられたいっしょに生きるのか生きる気があるのか細胞の果実畑を吹きわたるマンゴーのように生きるおいしさがたっぷり染みわたるオナリ神が航海のお守りとして持たせた花織のティサージ(手ぬぐい)のように思いのこもった風 南風は人々の熱い息だ海の怒りだそのやさしさの中のきびしい問い地球の体温が吹く底知れない死の冷たさとともに  ●編集手帳 ☆新しい年は、一人ひとりの個の存在を十分に発揮し、国家主義的な流れと対峙していきます。☆今年も〝新春作品特集〟にご執筆いただいた会外の詩人、知識人のみなさまにお礼申し上げます。☆徐京植さんと高橋哲哉さんの対談で、私たちが負わなければならない〝責任〟について語っておられます。〝植民地主義〟や〝天皇制〟についてまっすぐむきあう必要を痛切に感じます。☆「詩作入門」は、特別会友の中上哲夫さんです。翻訳をされている独自な視点から詩...
●自由のひろば 最優秀作品・優秀作品 〈最優秀作品〉後藤光治「潮騒の村」(4月号) 〈優秀作品〉あさぎとち「部屋」(5月号)北川ただひと「死んだふり」(7月号) 潮騒の村  後藤光治  海沿いの村が寝静まっている入り江には潮が満ち月光が一本の光の道を作っている浪が返す度に光はゆらめき潮が騒ぎ海が鳴る潮騒は風に乗り星の煌く暗い夜空を抜けて家屋の中へ侵入し枕に横たえた村人の頭蓋を満たす 一日の仕事に疲れた人々は頭蓋の中の潮のざわめきの中で今日を反芻し 明日を思い煩うそうやって幾世紀も生きてきたそのせいか行き交う村の人々は海の息吹に満ちている深い皺が彫られた老人の顔は夕焼けの海そのものだ潮騒は頭蓋に棲みついている遠く故郷を離れても目を閉じると頭蓋の中で海鳴りがし砂浜を波が返すすると行き場のない郷愁に捉われる 死者は土葬の墓地に葬られる土の中で屍体が朽ちていき潮騒が頭蓋を抜け出ていく抜け出て辺りを埋めつくし草木を覆うそれゆえ墓地も海の息吹で満たされる海の息吹の中で蟋蟀が鳴き梟が寂しく鳴き交わす海の潮騒に山の潮騒が呼応して村はさながら巨大な海の渦である何の変哲もないありふれた村歴史に顔を出すこ...
●詩作品 八月八日の夜 大嶋和子 沖縄県知事が亡くなった日私は明治座で山内惠介と共に居た下積みの苦労を耐えた演歌歌手にむかし少女だったおばさん達は今この瞬間を赤や青や黄色のペンライトに残りの人生のひとこまをかざす山内惠介はファンに支えられおばさん達は彼の歌に免疫を上げてもらう会場のペンライトは大きく揺れ右脳がわくわくしてくるこんな些細なことが癌に有効なのだ 果たして翁長知事にこんな幸福感が一時でもあっただろうか知事の膵ぞうに癌が見つかった四月私は六十七歳になり奇しくも同じ膵ぞう癌をのり越えて来ただから知事も大丈夫です絶対に克服して下さい と祈り続けたがいや私だけではない心ある多くの人の祈りは届かなかった 知事を取り巻く環境がそうはさせなかったか〈あの美しい大浦湾に新基地を造らせない〉県民の願いと知事の思いをことごとく砕き続けて背筋の凍るような仕打ちを何度も繰り返すアメリカ、日本政府のまっ黒な癌に免疫は底を突いてしまったのであろうか 八月八日の夜外は強く烈しい風が吹く沖縄県知事の無念の叫びを受け止めている  ●編集手帳 ☆今月の特集「私の叫び」を読むと、その正体がわかります。叫び...