会員個人サイト

こちらでは詩人会議会員の個人サイトをリンクで紹介しています

 Poem corner of O.K(上手宰) 

  「O.Kの今月の詩
    1998年4月以来、ほぼ毎月一編の詩を発表している。
    20年以上にわたる詩人の詩的変遷をうかがい知ることのできる貴重な営み。
  「プロフィール
    詩集『空もまたひとつの部屋』(1975)
       26歳の頃の作品集。中学、高校、大学時代の作品を集めたもの。
    詩集『星の火事』(1979) 第8回壺井繁治賞受賞。
       31歳 の頃に刊行。結婚、子供の誕生、父の死などの頃。
    詩集『追伸』(1988) 跋:吉野弘
       40歳の時の作品集。「夢」に関する詩が多いのが特徴。
    詩集『夢の続き』(2004)
       56歳の時の作品集。1998年から「今月の詩」をネット上ではじめた。
    詩集『上手宰詩集』(2008)
    詩集『香る日』(2013) 柴田三吉、草野信子による編集。
       65歳の時に刊行。60歳で定年退職した後に書かれた詩が多い。
    詩集『しおり紐のしまい方』(2018) 柴田三吉編集。第14回三好達治賞受賞。
       70歳の時の刊行。  

 返田満・ネット詩集 

  2008年5月15日に亡くなった返田満のネット詩集。
    詩集『釜無川原疎林
    詩集『野の鳥山の鳥
    詩集『扇状地にて

 蓋身亭雑録 

  木島章のブログ。2013年6月 第一詩集「点描画」上梓。

芝憲子の詩や、写真をのせようかとーーー。

南部の土砂
06/20

ボールペンの芯                   芝憲子 小学校に入学したとき 母が 新しい鉛筆をナイフで それはそれはきれいに削ってくれた それから削り方を教えてくれた はじめデコボコでまるできたなかったが だんだん上手にけずれるようになった 芯は紙の上に立ててナイフでとがらせた なんとかできるようになるとうれしかった ナイフもいつも筆箱に入れた 中学生のころ 社会党の党首 浅沼稲次郎が 一七才の少年に刺されて亡くなった 学校にナイフを持ってくるのが禁止された いま  鉛筆も万年筆もほとんど使わなくなり なんでもボールペンだ ガマフヤーの具志堅さんは言う 南部の土砂から 人の骨を取り出すのはむずかしい  政府が「業者にさせる」と言った段階で すでに遺骨を区別する気がないのだ 土砂をショベルカーですくって 骨を取り分けられるはずがない 慣れた人がていねいに見てもむずかしい 子どもの指は ボールペンの芯ほどの細さだ と 細い 軽い 子どもたちの骨 お母さんと手をつなぎ  鉛筆をもちたかった指 指 指k 書けなくなったボールペンを捨てるとき 透き通った芯が  きゅっと 音をたてる気がする   (『1/2』第64号より  2021.6月 )
横浜詩人会議は、平和と民主主義を愛する詩人と詩の愛好者の集まりで、詩人会議の神奈川県内のグループです。文学の創造は、それぞれの独自の表現を生かしていくものとしています。会員・会友募集中です。

神奈川新聞2021年2月4日 船方一の世界紹介
02/04

 2月4日の神奈川新聞に 詩評欄に「船方一の世界」が紹介されました。 また、京浜詩派232号いだ・むつつぎさんの詩も紹介されています。 文字が小さいので、クリックして画面を大きくしてご覧ください。
詩人・評論家・編集者 佐相憲一です

最近発表の詩3篇です
2017/03/30

お久しぶりです。このところ、フェイスブックを活用しているので、こちらがご無沙汰となりました。最近発表した3篇の詩をここに載せます。 補償の森   夜明けの川にアオサギが立っている。灰青の体が赤紫の光線に照らされる。遠くの山を見ているような、近くの獲物を見ているような、どこも見ていないような、すべてを見透かしているような、聖なる鳥。孤高と名づけたくはない、達観とも呼びたくない、ありのまま。はばたいて、裸の木々に囲まれた常緑樹のてっぺんに、アオサギが舞い降りる。   ツバメの群れが駅の上空を旋回する。いや、群れではない、協力関係か。降りてくると一羽一羽、個別の動きだ。人間を好むなんて珍しい。好きというより合理的な共存関係の選択か。ヒトの住まいのつくりが彼らにも便利らしいし、ヒトも燕尾服を着て鳥の真似をする。   オナガドリが野原の木から木...